交通事故・後遺障害等級認定手続き・異議申立て専門 川西行政書士事務所

治療費打ち切られた場合の相談・対応事例

症状が強く残っており、まだ治療を続けたいけれど、相手方保険会社から「治療費の支払いを打ち切ります」と言われてしまった・・・。今後どうすれば良いのだろう?
そのようなご相談をいただくことがよくあります。被害者様にとって大変重要な局面です。
ここでは、治療費打ち切りに対する相談事例・対応事例をご紹介いたします。

交通事故後の治療費の打ち切りへの対応について概要

保険会社から治療費を打ち切られた後、何も分からないまま対応してしまい、時間が経過した後に「もっと早く相談をしておけばよかった」というお声をよく耳にすることがあります。
治療費の打ち切りについては、被害者様の個別具体的な事情によって様々な対応方法が考えられ、また、専門的な判断が必要な場合も多々あります。さらに、一方的な打ち切りの多くは、後遺症の問題との関係で考える必要もあります。
そのため、症状が残っているのに治療費の打ち切りを伝えられたということであれば、お早めに専門家へご相談されることをお勧めいたします。

ケース別、交通事故後の治療費の打ち切りへの対応事例

事例1治療中、保険会社から「そろそろ症状固定ではないか」と言われました

交通事故から半年(6ヶ月)以上が経過したのですが、保険会社から「そろそろ症状固定と思われるので、主治医の先生と相談をして、後遺障害診断書を書いてもらってください」と言われました。私としては、まだ症状が強く残っているので治療を継続したいのですが、「症状固定」の意味を教えてください。

事例1  治療中、保険会社から「そろそろ症状固定ではないか」と言われました  の詳細はこちら

事例2まだ症状が残っているけれど、保険会社から示談書が送られてきました

加害者の保険会社から、「事故から6ヶ月以上が経過したので、治療費の支払いを打ち切ります。損害賠償計算書を送るので、問題がなければ署名・捺印をして返送してください。」と言われました。
主治医の先生は、現在の痛みやしびれは今後も残存する可能性があると言っています。
示談をする前に、気をつけた方が良いことを教えてください。

事例2  まだ症状が残っているけれど、保険会社から示談書が送られてきました  の詳細はこちら

事例3医師と保険会社との間で話が食い違っており、困っています

交通事故から3ヶ月が経った頃、保険会社から連絡があり、「医師に照会したところ、症状固定ということなので、治療費を打ち切ります」と言われました。
主治医の先生は、「そのように言った覚えはない。まだ通院をして治療を続けた方が良い。」と言っており、保険会社と主治医との間で話が食い違っています。
私としては治療を続けたいのですが、どうすれば良いのでしょうか。

事例3  医師と保険会社との間で話が食い違っており、困っています  の詳細はこちら

事例4保険会社から「来月以降の治療費は支払うことができません」と言われました

私は加害者に100%過失がある被害者です。
今月で交通事故から5ヵ月が経ちますが、加害者の保険会社から突然、「来月以降の治療費は支払うことができません。」と言われました。
症状が治っていないのに、私としては納得ができません。このまま通院を続けても良いのでしょうか

事例4  保険会社から「来月以降の治療費は支払うことができません」と言われました  の詳細はこちら

事例5保険会社から「120万円を超えそうなので、治療費を打ち切ります」と言われました

保険会社から「120万円が超えそうなので、治療費を打ち切ります」と言われました。どういう意味でしょうか。

事例5  保険会社から「120万円を超えそうなので、治療費を打ち切ります」と言われました  の詳細はこちら

  • 加害者が任意保険会社に入ってなかった
  • 加害者が任意保険を使わないと言っている
  • 被害者側の過失が大きいと言われ、加害者側の任意保険会社が対応してくれない
  • 任意保険会社に同意書を出すのが不安

加害者の自賠責保険(共済)に「治療費」や「慰謝料」等を直接請求するという方法があることをご存知ですか?

これを自動車損害賠償保障法16条請求、通称「被害者請求」といいます。 自賠責保険(共済)に直接請求し、「治療費」のみを直接医療機関に振り込む手続きもございます。

被害者請求のご相談は川西行政書士事務所へ

お急ぎの方へ:簡易無料ご相談フォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

ご相談内容 (必須)

captcha
上記の文字をご入力下さい。 (必須)

主な対応エリア

出張無料相談のご案内
【主な対応エリア】富山県・石川県全域

対応エリア:富山県・石川県

富山県
富山市・高岡市・小矢部市・氷見市・射水市・砺波市・南砺市・滑川市・上市町・魚津市・黒部市など富山県全域

石川県
金沢市・小松市・野々市市・加賀市・羽咋市・かほく市・白山市・能美市・七尾市など石川県全域

川西行政書士事務所

川西行政書士事務所オフィシャルブログ

行政書士 川西 孝昭

  • 富山県行政書士会所属(第11240560号)
  • 特定行政書士

プロフィールはこちら

住所:〒930-0010
富山県富山市稲荷元町2丁目10-5
スタッフインビル2F
アクセスマップはこちら

TEL 076-471-5888
営業時間 月~金曜日 9:00~18:00
夜20時まで面談可能です。
※土・日曜日の面談相談も承ります。

事務所のご案内

川西行政書士事務所オフィシャルブログ 推薦者の声

メディア掲載実績

2014年6月5日
北日本新聞で紹介されました

メディア掲載実績の詳細はこちら

ご相談・お問い合せ【相談無料】

076-471-5888

無料ご相談のご予約

営業時間 9:00~18:00 土曜・日曜・祝日定休
夜20時まで面談可能です。※休日の面談相談も承ります。事前にご予約をお願いいたします。
※石川県など遠方にお住まいの方、体調不良などの理由でご来所が難しいという方は行政書士が出張いたしますので、お気軽にお申し付けください。

主な対応エリア

富山県
富山市・高岡市・小矢部市・氷見市・射水市・砺波市・南砺市・滑川市・上市町・魚津市・黒部市など 富山県全域
石川県
金沢市・小松市・野々市市・加賀市・羽咋市・かほく市・白山市・能美市・七尾市など 石川県全域

行政書士出張相談も承ります!

ご来所が難しいというお客様につきましては、 行政書士が出張いたします。
「相談はしたいけど、ちょっと遠いなぁ…」というお悩みも、川西行政書士事務所は解決いたします!
お気軽にお申し付けください。
出張相談のご案内 【対応エリア】富山県・石川県全域

インターネット上には多数のホームページ等がありますが、後遺障害等級の認定については要件、基準が公開されている訳ではありません。
専門家(行政書士、弁護士)を選ぶ際には、経験と実績があるかどうかを見極める必要があります。

「何を相談したら良いのか分からない」という理由で、興味がありながらもご利用にならないという方がおられます。しかし、そういう方ほど、後にお困りになったという声も聞かれますので、少しでもご興味があればぜひご利用ください。

トップページへ戻る